エイプリルフールについて書いています

エイプリルフールの嘘のつき方

エイプリルフールの嘘のつき方

エイプリルフールの嘘のつき方

エイプリルフールと嘘の言葉

エイプリルフールと言えば、4月1日に嘘を言っても良い日とされています。

この風習はもともと日本のものではありません。

ヨーロッパの風習で嘘の新年という事で始まった風習です。

もともと、ヨーロッパでは4月1日が新年だったのですが、その当時の王様が新年を1月1日に変えてしまったのです。

その抗議も含めて、始まった風習ですが、悲惨な出来事などもあり、その時の気持ちを忘れないために、嘘の新年として、祝われるようになりました。

そのような風習が現代の日本でも伝わり、今に至るわけです。

エイプリルフールとは言っても、嘘をつくのは本来であれば、あまり気分の良いものではありません。

そして嘘をつかれる方にとっても、良い気分はしません。

人を傷つける言葉をわざわざ言う必要もありません。

せっかくなので楽しい嘘や感動するような嘘をつきましょう。

結果的に騙す事になるかもしれませんが、最終的に楽しめるあるいは、感動できる状況であれば、良いのではないでしょうか。

例として、この日にサプライズという形で騙し、プロポーズをした方などもいるようです。

ヨーロッパのある国では、4月2日には本当の事しか言ってはいけないと言うところもあり、その日にプロポーズする方もいらっしゃるようです。

このような内容であれば、気分が悪いどころか感動すらあるかもしれません。

エイプリルフールを最大限に楽しむためにも、嬉しい嘘や感動する嘘の言葉を探してみましょう。

エイプリルフールの人受けする言葉を楽しむ